テーマ

2017年度杏園祭テーマ

 

“Curiosity keeps leading us down new paths”

(好奇心はいつだって、新しい道を教えてくれる)

大学生にもなって好奇心?そう笑われてしまうでしょうか。

この言葉は、ウォルト・ディズニーが遺した言葉です。

ウォルトはいくつになっても限りないアイデアと勇気を持ってを実現しました。

好奇心から誰も試みていないことをやってのけたのです。

そんな挑戦的なこの言葉に私は共感しました。

そして、今年度杏園祭のテーマにも結び付きます。

2017年杏園祭のテーマは『』。

なぜこのテーマに決めたのか。それは、漢字の成り立ちから始まります。

旅のへんは「方向」、つくりは「複数の人」を表しています。

古の人々はその当時を生き抜くために勇気好奇心を持って旅をしてきました。

これはまた、現代に生きる私たちに置き換えることができます。

外に出なくても真偽さえ分からない情報が入ってくる現代。

真実を見極めるには自分の目で実際に確かめる必要があります。

そこから私たち杏園祭実行委員会は今年度のテーマを『』に決めました。

この杏園祭のテーマ、旅には2つの意味を込めています。

1つは、娯楽として楽しむための旅

もう1つは、学びとして何かを発見するための旅。

この2つは相反する意味ですが、楽しさの中から学びを、学びの中から楽しさを 見出すこともできると思います。

例え異なる意味であっても、最終的には1つの道に結び付くはずです。

そして、この道の始点は旅に出よう、出たいという好奇心から創られている。私はそう思います。

さあ、間もなく出発の時間です。私たちと一緒に素晴らしい旅に出ませんか?